シネマハーヴェスト

シネマロブレ −近日上映作品−

 メイキング・オブ・モータウン    ● 10月 30日(金)より

創設60周年を迎えた音楽レーベル「モータウン」の正史を描いたドキュメンタリー。
創設者ベリー・ゴーディにより1959年にその歴史をスタートさせたモータウン・レーベルは、ソウルやR&Bの数多くのヒットを連発し、数多くのスターを世界に送り出した。本作では創設者ベリー・ゴーディが初めて密着を許可した取材映像、関係者や所属アーティストの回想や証言など貴重な映像群から構成。
 ○監督/ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー
 ○主演/ベリー・ゴーディ
→ 「メイキング・オブ・モータウン」オフィシャルサイト

 ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷  [R15+]    ● 10月 30日(金)より

Jホラー「呪怨」シリーズをアメリカで新たに映画化。
森の中に停まっていた車の中で変死体が発見され、報せを受けた刑事のマルドゥーンとグッドマンが現場に駆け付ける。道路が閉鎖されていたこともあり、死体は何カ月も放置されて腐敗していたが、残された所持品から死体の生前の住所が「レイバーン通り44番地」だったと判明。そこはグッドマン刑事が2年前に担当し、強烈な印象を残している「ランダース事件」の現場だった。
 ○監督/ニコラス・ペッシェ ○主演/アンドレア・ライズボロー、 デミアン・ビチル
→ オフィシャルサイト

 荒野のコトブキ飛行隊 完全版    ● 10月 30日(金)より

女性のみの凄腕パイロット集団「コトブキ飛行隊」の活躍を描いたアニメの劇場版。
一面の荒野が広がる世界イジツ。かつて、この世界には空から様々なものが降ってきて、それらは人々の生活を急激に変えた。中でも飛行機の存在は大きな影響をもたらし、世界の潮流は空へと移っていった。時は流れ、空には商船とその用心棒、彼らを狙う荒くれ者の空賊など、多くの人々が飛び交っていた。オウニ商会の雇われ用心棒・コトブキ飛行隊は、女性のみで構成される凄腕パイロット集団だ。
 ○監督/水島努 ○主演/鈴代紗弓、 幸村恵理、 仲谷明香
→ オフィシャルサイト

 オフィシャル・シークレット    ● 10月 30日(金)より

イラク戦争開戦前夜に英米政府を揺るがせた告発事件を映画化。
イギリスの諜報機関GCHQで働くキャサリン・ガンは、アメリカの諜報機関NSAから驚きのメールを受け取る。イラクを攻撃するための違法な工作活動を要請するその内容に強い憤りを感じた彼女は、マスコミへのリークを決意。2週間後、オブザーバー紙の記者マーティン・ブライトにより、メールの内容が記事化される。キャサリンは自分がリークしたことを名乗り出るが、告発も空しくイラク侵攻は開始され、彼女は起訴されてしまう…。
 ○監督/ギャビン・フッド ○主演/キーラ・ナイトレイ
→ オフィシャルサイト

 おらおらでひとりいぐも    ● 11月 6日(金)より

若竹千佐子のベストセラー小説を映画化。
75歳の桃子さんは、突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。しかし、毎日本を読みあさり46億年の歴史に関するノートを作るうちに、万事に対してその意味を探求するようになる。すると、彼女の“心の声=寂しさたち”が音楽に乗せて内から外へと沸き上がり、桃子さんの孤独な生活は賑やかな毎日へと変わっていく。
 ○監督/沖田修一
 ○主演/田中裕子、 蒼井優
→ オフィシャルサイト

 モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け    ● 11月 6日(金)より

累計再生数が4億回を突破している通称「モンストアニメ」を映画化。
オラゴンと5人のヒーロー5が天聖イェソドを倒したことで平和を取り戻した「ストライク・ワールド」が、再び戦場となってしまう。そして、駆けつけたオラゴンたちの前に現れたのは、ともに世界を救った仲間のはずのルシファーだった。滅亡を願うルシファーの企みは、オラゴンたちに絶望をもたらすが…。
 ○監督/静野孔文
 ○声の主演/日笠陽子、 高山みなみ、 水樹奈々
→ オフィシャルサイト

 ジオラマボーイ・パノラマガール  [PG12]    ● 11月 6日(金)より

人気漫画家の岡崎京子が1989年に刊行した同名コミックを実写映画化。
16歳の平凡な高校生・渋谷ハルコは、ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチに一目ぼれする。ハルコは世紀の恋だとはしゃぐが、真面目でおとなしいケンイチは、受験を目前にして衝動的に学校を辞めてしまい、それどころではない。さらにケンイチは、勢いでナンパした危険な香りのする女の子マユミに夢中になっていき、ハルコとケンイチの恋は平行線をたどるが…。
 ○監督/瀬田なつき
 ○主演/山田杏奈、 鈴木仁
→ オフィシャルサイト

 パヴァロッティ 太陽のテノール    ● 11月 6日(金)より

神の声を持つと言われたイタリアのオペラ歌手ルチアーノ・パバロッティの生涯を追ったドキュメンタリー。
「ラ・ボエーム」「トスカ」など絶頂期のパフォーマンスや、「トゥーランドット」の名曲を3大テノールで共演した伝説のステージ、故ダイアナ妃との交流やボランティアといった幅広い活動、家族とのプライベートなどの貴重な映像が満載。
 ○監督/ロン・ハワード
 ○主演/ルチアーノ・パヴァロッティ、 ボノ
→ オフィシャルサイト

 ヒットマン エージェント:ジュン    ● 11月 6日(金)より

クォ・サンウが元暗殺者の売れない漫画家を演じるアクション。
国家情報院に拾われ、暗殺要員として育てられた孤児少年は「ジュン」と名付けられ、またたく間に対テロ保安局のエースとなった。しかし、幼い頃からの夢であった漫画家になる夢を捨てられず、任務中に死を偽装して姿を消す。15年後、ジュンは憧れであった漫画家になったものの、まったく売れず…、自暴自棄になったジュンは酔った勢いで暗殺要員時代の国家機密をネタにした漫画を配信し、その漫画が大ヒットしてしまう。
 ○監督/チェ・ウォンソプ ○主演/クォン・サンウ、 チョン・ジュノ
→ オフィシャルサイト

 ファヒム パリが見た奇跡    ● 11月 6日(金)より

政治難民の少年がチェスのチャンピオンを目指した実話をもとにしたヒューマンドラマ。
バングラデシュで天才チェス少年として有名だったファヒムは、8歳の時に父親とともに家族を残しパリに移り住むこととなった。政治難民としてフランスに到着し、強制送還に怯える日々を送る中、ファヒムはフランスでもっとも優秀なチェスのコーチの1人であるシルヴァンに出会う。最初は警戒心を抱いていたファヒムとシルヴァンは、次第に友情を築いていく。チェスのフランス国内大会がスタートする一方で、ファヒムに強制送還の脅威が迫っていた。
 ○監督/ピエール=フランソワ・マンタン=ラバル ○主演/アサド・アーメッド
→ オフィシャルサイト

 東京バタフライ    ● 11月 13日(金)より

同じ夢を追いかけた4人の若者たちの人生の再生を描いた人間ドラマ。
大学時代にバンドを組んでいた4人。バンドはメジャーデビューが期待されるほどの人気を誇っていたが、デビュー寸前にささいな行き違いで解散してしまった。あれから6年、30代を目前にした彼らは、結婚や仕事、人間関係など、人生の悩みに直面しながら、それぞれの道を歩んでいた。そんな4人が、ふとしたきっかけから再び集まることとなる。
 ○監督/佐近圭太郎
 ○主演/白波多カミン、 水石亜飛夢
→ オフィシャルサイト

 ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)    ● 11月 13日(金)より

世界中から客が集う岩手県の「ジャズ喫茶ベイシー」にスポットを当てたドキュメンタリー。
日本独自の文化であり、世界的にも注目を集めるジャズ喫茶。岩手県一関市で50年営業を続けるベイシーには、マスターの菅原が生み出す“音”を求め、連日多くのジャズファンやオーディオファンが訪れる。開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムに日々調整を重ねてきたことで生み出される音は、聴く者に、演奏者がその場に現れたかのような錯覚を起こさせる。
 ○監督/星野哲也
 ○主演/菅原正二、 島地勝彦
→ オフィシャルサイト

 エマ、愛の罠  [R15+]    ● 11月 13日(金)より

1人の女性の奔放な愛の姿を大胆に描いたドラマ。
ダンサーのエマは、ある事件をきっかけに心の拠り所を失ってしまった。 振付師である夫との結婚生活は破綻した彼女は、その妖しい魅力を武器に実直な消防士、さらに彼の妻までをも虜にしてしまう。不可解なまでに奔放なエマの行動。その行動の裏には衝撃的なある秘密が隠されていた。
 ○監督/パブロ・ラライン
 ○主演/マリアーナ・ディ・ジローラモ
→ オフィシャルサイト

 ばるぼら  [R15+]    ● 11月 20日(金)より

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画「ばるぼら」を初映像化した実写作品。
異常性欲に悩まされている耽美派の人気小説家・美倉洋介は、新宿駅の片隅で、酔っ払ったホームレスのような少女ばるぼらと出会い、自宅に連れて帰る。大酒飲みで自堕落なばるぼらだが、美倉は彼女に奇妙な魅力を感じ追い出すことができない。彼女を近くに置いておくと不思議と美倉の手は動き出し、新たな小説を創造する意欲が沸き起こるのだが…。
 ○監督/手塚眞
 ○主演/稲垣吾郎、 二階堂ふみ
→ オフィシャルサイト

 スペシャルズ!
 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話    ● 11月 20日(金)より

ケア施設に働く2人の男たちの実話を、ユーモアを交えて描いたヒューマンドラマ。
自閉症児をケアする施設「正義の声」を経営するブリュノ。他の施設などで見放された子どもたちも断らずに受け入れる彼の施設には、さまざまな問題を抱えた子どもたちであふれていた。この施設では、ブリュノの友人のマリクに教育されたドロップアウトした若者たちが働いている。社会からはじかれた子どもたちをまとめて救おうとしていたブリュノとマリクだったが、無認可で赤字経営の「正義の声」に監査が入ることになり、施設閉鎖の危機に迫られる。
 ○監督/エリック・トレダノ、 オリビエ・ナカシュ
 ○主演/ヴァンサン・カッセル、 レダ・カティブ
→ オフィシャルサイト

 ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン    ● 11月 20日(金)より

ピエール・カルダンの波乱万丈な人生に迫ったドキュメンタリー。
業界で初めて大衆向けプレタポルテに本格参入し、未来的なコスモコール・ルックで若者たちを熱狂させた革命児ピエール・カルダン。ファシズムが台頭する祖国イタリアからフランスへの脱出、先鋭的すぎるためにファッション界から敬遠された苦悩と反撃、女優ジャンヌ・モローとの運命的な恋、劇場運営や高級レストラン「マキシム・ド・パリ」の買収など、波乱に満ちた97年間の記憶を、今なお現役で活躍するカルダン本人が語る。
 ○監督/P・デビッド・エバーソル ○主演/ピエール・カルダン、 ジャン=ポール・ゴルチェ
→ オフィシャルサイト

 星の子    ● 11月 20日(金)より

第157回芥川賞候補にもなった今村夏子の同名小説を映画化。
大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治したという、あやしい宗教に深い信仰を抱いていた。中学3年になったちひろは、一目ぼれした新任の先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。そして、そんな彼女の心を大きく揺さぶる事件が起き、ちひろは家族とともに過ごす自分の世界を疑いはじめる。
 ○監督/大森立嗣 ○主演/芦田愛菜、 岡田将生
→ オフィシャルサイト

 君は彼方    ● 11月 27日(金)より

マンガとアニメの街としても知られる池袋を舞台に描く青春ファンタジー。
幼なじみの新(あらた)のことが気になっている澪だったが、気持ちを伝えられずに微妙な関係を続けていた。ある日、些細なことでケンカをしてしまった2人。仲直りをしようと思った澪は、雨の中を新のもとへ向かうが、その途中で交通事故に遭ってしまう。そして意識を取り戻した澪の目の前には、見たこともない不思議な世界が広がっていた。
 ○監督/瀬名快伸
 ○声の主演/松本穂香、 瀬戸利樹
→ オフィシャルサイト

 真・鮫島事件    ● 11月 27日(金)より

都市伝説「鮫島事件」を題材に、オンライン会議のアプリ上を主な舞台に描かれるホラー。
佐々木菜奈は高校時代の同級生たちと毎年恒例の部活会をリモートで開催するが、仲間のひとりのあゆみが姿を現さず、代わりに画面に現れたあゆみの彼氏の匠が、あゆみが壮絶な死に顔で息絶えていたことを知らせる。20年以上前、ネット掲示板の「2ちゃんえる」で「鮫島事件」という都市伝説が流行し、事件の真相に触れたものは必ず呪い死ぬとされていたが…。
 ○監督/永江二朗
 ○主演/武田玲奈、 小西桜子
→ オフィシャルサイト

 PLAY 25年分のラストシーン  [PG12]    ● 11月 27日(金)より

1990年代から2010年代まで撮り続けたホームビデオの映像をつないで描いた青春ドラマ。
1993年、パリ。13歳の少年マックスは両親から贈られたビデオカメラで家族や友人たちとの日常を撮り始め、それは彼のライフワークとも言える趣味になった。38歳になったマックスは、それまで撮りためた25年分の映像を振り返り、編集する。そこにはいつも一緒にいた4人の仲間たちとの、かけがえのない日々が全て記録されていた。素直になれず大切なものを手放してしまったマックスは、新たに“映画”のラストシーンを準備する。
 ○監督/アントニー・マルシアーノ ○主演/マックス・ブーブリル、 アリス・イザーズ
→ オフィシャルサイト

 時の行路    ● 11月 27日(金)より

「派遣切り」の危機に直面した労働者たちの戦いを描いたヒューマンドラマ。
職場でリストラにあった五味洋介は、青森県に妻子を残したまま、静岡県にある大手自動車メーカーの工場の旋盤工として働くことになる。派遣社員の身分だったがベテラン技能者として職場でも信頼され、充実した日々を送る洋介。しかし、ある日突然、リーマンショックに端を発した非正規労働者の大量首切りにより、職場を追われてしまう。この理不尽な仕打ちに洋介は仲間とともに労働組合に入り、立ち上がるが…。
 ○監督/神山征二郎 ○主演/石黒賢、 中山忍
→ オフィシャルサイト